スポンサードリンク






スポンサードリンク

消費者金融会社の金利比較表

貴方が消費者金融を利用される時に一番大切な条件は「金利」
=「利息」だと思います。

消費者金融金利は会社によって変わります。
また、借りる人によっても消費者金融金利は変わります。

賢い消費者になるため、消費者金融金利は必ずチェック!


金利比較◆


三井住友銀行グループのアットローン



・実質金利 9.5〜18.0%
・借り入れ最高限度額300万円
・自動審査→5秒で回答
・申し込みはネットでもOK


自動審査での5秒回答申し込みはお急ぎのお客様に便利です。

☆入力項目が少ないのでとてもスピーディーです。

☆お申し込み完了画面でご利用可能額がわかります。

☆最速ですと5秒で回答いたします。

☆簡易審査となりますのでご融資の決定は正式審査後となります。
☆正式審査後に必要な項目はお電話にてお伺いいたします。



ネットでの申し込み手順としては

1パソコンから申し込む。

2メールで審査結果が届きます。

3メールの審査結果確認して下さい。

4パソコンで会員登録(無料)をする。

5カードを受け取る。

となります。

カードの受け取り方法としては

1郵送で受け取る。

2三井住友銀行の支店に設置されたATMで受け取る。

3ATMコーナーに設置されたローン契約機で受け取る。

4プロミスに設置されたローン申し込み機で受け取る。

事ができます。

上記の消費者金融金利は私が消費者金融会社のホームページを
尋ねて、簡単に貸し出し金利を確認できた会社のみです。

消費者金融会社によっては、ホームページのどこに貸出金利を表示してあるのかわからない会社もありました。

借りる人の事を考えれば一番大事な金利を前面に表示して説明してほしいものです。

なお、アットローンの金利については2009年06月27日現在において調べた利率となります。

諸般の事情にて変更する事もありえますので、詳しくは各
消費者金融会社のホームページにてお確かめください。

*クレジットカードの種類や、借り入れ金額によっても
借り入れ金利は変化しますのでご承知おきください。

ベストな借りかたは?

一口に「お金を借りる」といっても、借り先はいろいろ。

まず、自動車や住宅、教育などといった使いみちが限定されているものと、用途が自由なカードローンなどに大別されます。

そして昨今、何かと話題が集まるのは、用途が自由な、いわゆる「フリーローン」とか「多目的ローン」と呼ばれるものです。

この部分に関しては、クレジット・信販会社、消費者金融などの貸金業者が、銀行が面倒を見切れない顧客、特にその中でもなるべく信用が高い人に貸し付けをしたく、広告にも仕掛けが施されているように感じます。

「初めての方でも…」、そして「気軽に」「身近に」「便利に」といった広告パターンです。「○○日間、無利息!」というものさえありますよね。

なぜそんなことするのでしょう? 
儲けである利息を一定期間、取らないなんて。

それはさておき、こういった環境のなか今日の貸金業市場は、
ノンバンクが多数混在し、生き残りに凌ぎを削りながら形成しているというのが実情といえます。

続きを読む

金利比較・計算方法

◆お金を借りると、”利息”がかかります

返済した金額には、「元金」と「利息」があります。
返済した額のうち、どれだけ「元金」を返しているのか
考えてみましょう!

銀行や金融公庫などの金融機関や消費者金融などから借りたお金には金利が掛かり、その借りたお金に“利息”をつけて返すことになります。

ビジネスでやっているわけですから、当然のことですね。

ではこの“利息”、毎月いったいいくら払うことに
なるのでしょう?

その基となる金利は、貸金業者によって幅があります。
それによって支払う利息にも、大きな幅が出てきます。

「数字には弱くって」「めんどうくさい」「よくわからない」…。意外とみなさん利息計算には消極的で、疑問もあるようです。難しく、面倒なことはありません。

そこで今回は、利息の計算方法をお教えしたいと思います。これがわかると、今後お金を借りるときやローンを組むときなどの参考になると思います。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。