スポンサードリンク






スポンサードリンク

消費者金融業者とは?

お金を借りるのに相手がわからないと不安ですよね?

では「消費者金融業者」が日常的に使っている「用語」を
勉強してシッカリと理解しましょう。

●融資額:貸してくれる金額です。
ほとんどの消費者金融は1万〜50万円です。

●利息(実質年率)
*「実質年率」って何?
 いわゆる、年利(一年にどれだけ利息がつくか)です。

消費者金融などでは、借りた日数だけ利息がかかる日割計算なので、この「実質年率」から借りた日数分の、利息を計算します。

*計算方法
 借入残高×「実質年率」÷365×日数=利息

*●●%〜▲▲%
 
このように書かれているところは、初めて借りる時は最高年率になることが多く、利用回数が多くなると年率が低くなるケースが多いです。
続きを読む

消費者金融とは

消費者金融とは、貸金業の内、消費者への金銭の貸付け、又はこれを行う業者である。

一般的に企業や商店がお金の借り入れをするときには
その借り入れ金額に見合う担保(定期預金・土地・建物・・等)を金融機関に提出しお金の融資を受けるかたちをとってます。

しかし、会社員や個人が今、必要とする5万、10万の
小口のお金を借りたくて銀行に出かけてもすぐには貸しては
くれませんでした。

このような不便さを、補うように生まれてきたのが
消費者金融です。

消費者金融からは手軽に借り入れができたので、消費者金融業者は急成長をしてきたのです。しかし消費者金融金利は銀行などと違って担保を取っていない分、消費者金融金利は割高なのです。

この消費者金融金利の部分を消費者側がどのように受け止めて
利用するかが分かれるところです。

この手軽に使える消費者金融をうまく使い事業に生かしている
人たちもいます。しかし消費者金融をうまく使えない人たちが
でてきているのも事実です。

消費者金融会社の例

・¥enショップ武富士

・OMCカードの「フォーライフ」 大好評!【山本梓カード

・三井住友銀行グループのプロミス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。